クレアチニン下げるにはサプリメントも必要だ!

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実行に移せない方がたくさんいます。理想的なL-シトルリン、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよそのL-シトルリン一日50g程度になるはずです。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で確認できます。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんで食事指導をうけられないときは、出来るだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。水に溶けやすい性質をもつカリウム(肥料としてもよく使われています)で野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で無くせるカリウム(肥料としてもよく使われています)の値は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜(有色野菜とも呼ばれ、油と一緒に摂取することで、カロテンの吸収率があがります)の場合45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。日常の食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、クレアギニンEXの使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のペポカボチャ食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのペポカボチャ食塩の摂取量を理解する事が出来てます。食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に与える負荷が増してしまいます。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)であるため、適切な量は摂取する必要があります。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、たいへん重要なはたらきを私立ちの体の中で行っています。腎臓に関する治療は病院に行って似つかわしい治療をうけることも先決ですが、毎日の食事や生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)習慣を改めることの方が大切です。 肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多くふくまれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になるはずです。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が入っています。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウム(肥料としてもよく使われています)の排泄能力が低下していくことが多く、カリウム(肥料としてもよく使われています)の摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウム(肥料としてもよく使われています)の量に応じて、摂取量をへらすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物にくらべてそのものにふくまれたカリウム(肥料としてもよく使われています)の量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム(肥料としてもよく使われています)血症を発症する危険が高まります。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になるはずです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は重要視されます。人体におけるいわゆる3大栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)が糖質・たんぱく質・脂質になるはずです。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。
お世話になってるサイト⇒クレアチニンクレアギニンEX

カテゴリー: ニュース パーマリンク