クレアギニンEXが効くのはノコギリヤシがたくさん入っているから!!

腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必要不可欠です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が入っています。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なるのです。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿といっしょに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に居座り続けるようになるのです。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂り続ける必要があります。腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。これらを上手く活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳正に食事を徹底しないとなりません。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。食事によって獲得したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量から医師が特定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素(排気ガスやダイオキシンなどを含んだ大気を吸ったり、農薬が残留した野菜や果物を食べることでも体内に蓄積されます)がたまらなくなるのです。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になるのです。結構の精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられたりするのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなるのです。あわせて読むとおすすめ>>>>>クレアギニンEX

カテゴリー: ニュース パーマリンク