クレアギニンEXは頻尿などに効くらしい

CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。肉・魚・卵・豆腐についてはなかなかのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が入っています。腎臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法によって腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重を約60kgと仮定すると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。人間の体にとって重要な3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30~40gに相当します。日々のご飯で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)であるため、不足しないように補給する必要があります。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私たちの体にとって大事な働きをしています。 当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大事です。 カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)は水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事によって取り除けるカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の分量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、加えて搾る作業を行なう事で、カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)は減らしていけます。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の排泄能力が衰退していくことが多く、カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)が、エラーなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日常的に野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)血症を呈する危険性が多くなります。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>クレアギニンEX

カテゴリー: ニュース タグ: パーマリンク